不器用でもやることの大切さ

おはようございます!小俣です!

今これを読んでいるあなたはVOCALOIDというものはご存知でしょうか?
初音ミクといえばわかる人も多いかな?と思います。

最近そのボカロ曲を片っ端から聴きまくっているのですが
個人の剥き出しの感情をとにかくぶつけている曲が多くて
曲を聴いて号泣するというのを初めて体験しましたw

のっけから本当に僕はキモいな…と思ってしまうのですが
僕のキモさはいいからもうちょっとだけ読んでくださいw

最近色々嫌なことがあって結構しんどすぎて
経営者を目指すこと自体やめようと思うことがあったのですが、
そんな時に僕をもう一度がんばる気にさせてくれた曲があったので
今日はそれをシェアします。

【初音ミク】 ODDS & ENDS 【Full Ver】 (5:54)

この曲を作っている人は初音ミクがリリースされた頃から愚直に曲を作り続け今ではプロに登りつめた人です。
その過程の想いが歌われているのかな?と思うと本当に感動してしまいました。

自分は父や師匠のような信頼関係を大事にする経営者を目指して
ずっと頑張ってきましたが
まぁ本当に僕を殺しに来る壁というのは常に攻めてくるもんです。

とにかく辛すぎるのが、今経営者を目指してちょっと勉強かじってますって
言った時にこう言われること。

『へーすごいね!成功したら私も雇って!』

いやいやwww
僕の成功とお前の成功は全然違うだろうが!と思ってしまうのですが
これが割と多くの人が言ってくるからかなりまいってしまいますね。

僕はみんながみんなそれぞれ持っている
幸せの価値観に愚直になってほしいだけなんですよ。
別にゲームが楽しければそれ関連の仕事目指せばいいし
自分のやりたいことが会社にないなら起業して
自分で新しい価値を作ればいいし
そんな単純なことに本気になって欲しいだけなんだよ

それでも自分は本当に不器用だからそんな人も嫌いになれず
『これやったほうがいいよ!』『これ楽しいから一緒にがんばろうぜ!』
ってやるのですが、気づけばウザキャラ。
うっとおしい。ほおっておいてくれ。と言われる。
そして鬱になり自分が死ぬ。

さすがに投げ出したくなりますよねwww

でもこの曲をきいて、本気でやり続けていけば
8割がわかってくれなくても
確かに2割くらいは理解を示してくれる人もいた。

だからウザがられても、何言われても僕も愚直にやり続けようと
また思いとどまったわけです。

支えてくれる2割の方にはなんとか結果で恩を返したいですしね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中